悪酔いしてやっちゃたダメエピソード集

お酒を飲むと、いろんなことをやらかしてしまいますよね。周りの人に迷惑をかけた経験がある、といった方も多いのではありませんか。こちらでは、悪酔いしてしまい、ヤッてしまったエピソードを集めてみました。実際に皆さんがどんなことをしてしまっているのでしょうか。
こんな事が度々起こるようだと、お酒に強くなる方法があれば良いなと思うのではないでしょうか?

・目が覚めたら便器に顔を突っ込んでいた

お酒を飲み過ぎて吐いてしまうことによって引き起こされてしまう失敗談です。気持ち悪くて吐きながら眠ってしまうわけです。自宅ならまだしも、店舗などのトイレであれば、ちょっと嫌ですよね。

吐くまで飲まないようにする、といったことが重要になってきます。

・お店のオブジェを壊して罰金

飲食店などで飾られているツボなどを割ってしまい弁償金を求められる、といったケースが思った以上に多く発生しています。酔ってしまうと、ふらふらとしてしまいます。倒れこんだ先に高価なオブジェがあるかもしれません。もしも壊してしまえば、その弁償金は支払わなければならないのです。

・同僚と殴り合いの喧嘩をしてしまった

お酒が入ると、シラフでは言わないようなことも口から出てしまうものです。その結果、お互いにプチンと来てしまえば、手が出てしまうことも考えられます。殴り合いの喧嘩をして警察沙汰になってしまうことも珍しくありません。暴れるほど飲まないようにしましょう。喧嘩をしてしまう相手が上司であった場合には、取り返しがつかないことになりかねません。
お酒に強くなる事が出来れば、こういった事も避けられます。

・合コンでシモネタばかり言ってしまった

本性が出てきてしまった、といっても良いかもしれません。シラフであれは、女性に対してシモネタも出てこないでしょう。しかし、酔っている場合は理性が効かないのです。何も考えずに、シモネタを口走って、女性陣の気分を害してしまう、といった可能性もあります。

合コンの目的はお酒ではありません。恋人を探したり、将来的な結婚相手を探したい、と思っている方も多いですよね。そういった思いを達成させるためにも、理性を保てる程度の酒量に抑えるべきです。

・スリに遭っても気づかなかった

お酒を飲んで道路で寝てしまう、といった方もいます。そういった方はスリに遭ってしまう可能性が極めて高いです。財布をすられても全く気づかなかった、といったことも報告されているくらいです。

このように、お酒に弱い事によって被る不利益は数えきれません。ぜひ、お酒に強くなる方法をマスターして、お酒と上手に付き合いたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ