セクハラをされたら

セクハラは、会社内での立場を利用した犯罪です。女性が男性から受ける場合が多いですが、最近では、男性が女性からセクハラを受けることもあるそうです。

セクハラを受けるような職場には行きたくないですよね。仕事を辞めたいと思うのも当然です。

セクハラを受けた場合にはどのように対応すれば良いでしょうか?

まず、出来ることは、嫌だという意思表示をはっきりとさせることです。言葉や態度で、嫌だと意思表示しないと、相手は、その行為がセクハラだとは気付いていない場合が多いのです。

しかし、それでもセクハラが続くような場合には、訴えることも視野に入れて、セクハラの内容を詳細に記録しておくことです。

誰から、いつ、どのようなことをされたのかをはっきりと記録しておけば、ちゃんとした証拠となります。

会社に相談出来るような部署があれば、そのセクハラの内容を伝え、相談すべきです。

しかし、それでもセクハラがおさまらない場合には、会社を辞めるべきでしょう。

セクハラはエスカレートする場合が多いですから、いずれ犯罪的な行為をされるとも限りません。

悪いのはセクハラを受けているあなたではなくて、セクハラをしている相手ですから、納得がいかないのは当然ですが、被害を最小限に食い止めるためにも、仕事を辞めたいと思った時点で、転職を考えることをお勧めします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ